七五三とは? お祝い管理アプリ 「贈るる」

七五三

七五三

成長の節目のお祝い

3歳、5歳、7歳になった年の11月15日科前後の都合のよい日に近くの神社やぜひここでという神社があればその神社にお参りし、氏神様に成長の感謝を祈ります。
本来は数え年で祝いますが、最近は満年齢時の方が増えています。

  • 3歳(男女)髪置きの祝い
  • 5歳(男)袴着の祝い
  • 7歳(女)帯びときの祝い


参拝のしかた

神前で鈴を鳴らしてお参りするだけでもかまいません。おはらいを受ける場合は予約をし、謝礼は「初穂料」もしくは「玉串料」として3千円〜5千円を目安に子供の名前で包みます。


服装

お祝い事なので晴れ着も豪華なものにしたくなりますが、子供にとって慣れない着物や草履はつらいので負担が軽くなるように配慮してあげましょう。また大きくなっても同じものを着回そうと大きめの着物を用意しても小さいうちには負担になってしまうため、年齢にあった着物を用意しましょう。
両親は訪問着や付け下げなどにします。

お祝いの品

年齢に合わせて菓子類や文房具など子供の喜ぶものがよいでしょう。
また、祖父母から晴れ着を贈られることもありますが、最近は5千円〜1万円を目安にご祝儀を包むのが一般的です。紅白蝶結びの水引きで表書きは「御祝」「祝七五三」とします。

楽天市場の七五三

対象別・着物ランキング

関連ワード

七五三、3歳の七五三、5歳の七五三、7歳の七五三




マナー講座一覧へ戻る



LINEで送る

日本贈答文化協会

(C) 「贈るる」 お祝い管理アプリ